商品一覧


ポケット図鑑
日本の鳥300
改訂版

叶内拓哉 著  A6判  320ページ

ISBN 978-4-8299-8304-1  2014年8月9日発売

定価1,296円(本体1,200円+8%税)

国内で見られる主な野鳥300種がわかるロングセラー図鑑『日本の鳥300』に改訂版登場。「日本鳥類目録改訂第7版」に準拠するとともに、一部写真を追加・差し替えて、より一層識別に役立つ内容となっている。 …


ポケット図鑑
日本の海水魚466 第2版

峯水亮・松沢陽士 著  A6判  320ページ

ISBN 978-4-8299-8305-8  2014年7月16日発売

定価1,296円(本体1,200円+8%税)

ポケットサイズの図鑑で最も収録種数の多い図鑑。ダイビング中にごく普通に見られる種類を中心に掲載し、種の見分けの基本となる成魚の生態写真を中心に、色彩変異や幼魚の写真も収録。ダイバーが撮影した写真と画合…


ポケット図鑑
日本の昆虫1400
(2) トンボ・コウチュウ・ハチ

槐 真史 編 伊丹市昆虫館 監修  A6判  320ページ

ISBN 978-4-8299-8303-4  2013年5月20日発売

定価1,296円(本体1,200円+8%税)

野外でよく見る種を中心に、(1)、(2)の2冊で日本の昆虫約1400種を掲載。写真の大半は生きた昆虫を撮影した白バック写真で、今にも動き出しそうな迫力と共に、生時の色や姿がよく分かる。観察に役立つ検索…


ポケット図鑑
日本の昆虫1400
(1) チョウ・バッタ・セミ

槐 真史 編 伊丹市昆虫館 監修  A6判  320ページ

ISBN 978-4-8299-8302-7  2013年4月15日発売

定価1,296円(本体1,200円+8%税)

野外でよく見る種を中心に、日本の昆虫約1400種を掲載。写真の大半は生きた昆虫を撮影した白バック写真で、今にも動き出しそうな迫力と共に、生時の色や姿がよく分かる。観察に役立つ検索なども豊富に収録し、昆…


ポケット図鑑
田んぼの生き物400

関慎太郎 著  A6判  320ページ

ISBN 978-4-8299-8301-0  2012年7月19日発売

定価1,080円(本体1,000円+8%税)

田んぼや小川、里山で観察することのできる両生類、はちゅう類、淡水魚、貝類、昆虫・クモ類、甲殻類、鳥類、植物を400種取り上げ、多数の写真で紹介するポケット図鑑。目につきやすく特徴的な姿・形をした生き物…


ポケット図鑑
都市の樹木433

岩崎哲也 著  A6判  320ページ

ISBN 978-4-8299-1187-7  2012年4月27日発売

定価1,296円(本体1,200円+8%税)

街路樹や公園などの比較的身近な樹木とそれらの原種、品種、亜種、類似種も多数紹介し、葉、樹皮、樹姿、果実、花などの形状はもちろん、匂いや触感等から も識別ができるよう構成した。また、拡大写真、精密なス…


ポケット図鑑
日本の淡水魚258

松沢陽士 著 松浦啓一 監修  A6判  320ページ

ISBN 978-4-8299-8300-3  2011年8月26日発売

定価1,296円(本体1,200円+8%税)

日本の川や湖沼に生息する淡水魚258種を収録。持ち運びに便利なポケットサイズだから、釣りや淡水魚採集といったフィールドワークでも大活躍。淡水魚には外見がよく似た種が多…


ポケット図鑑
日本の高山植物400

新井和也 著  A6判  320ページ

ISBN 978-4-8299-0118-2  2010年6月9日発売

定価1,296円(本体1,200円+8%税)

亜高山?高山帯で見られる植物400種類以上掲載。歩きながらでもすばやく簡単に目の前の植物の名前が調べられるように花色別に掲載しました。コンパクトながら、1種について2?4点、全部で約1,000点という…


ポケット図鑑
日本の野草300
冬・春

鈴木庸夫 著  A6判  320ページ

ISBN 978-4-8299-1026-9  2009年11月16日発売

定価1,296円(本体1,200円+8%税)

冬から春に見られる身近な野の花300種類と関連する45種類を花色別に掲載。花のアップや葉、果実、類似種などの写真1,160点使用。ハイキングや散歩の際に名前をすばやく知りたい方のための決定版入門図鑑。…


ポケット図鑑
日本のキノコ262

柳沢まきよし 著  A6判  320ページ

ISBN 978-4-8299-1171-6  2009年9月14日発売

定価1,296円(本体1,200円+8%税)

身近な食用キノコやまちがいやすい毒キノコなどをほぼ網羅する262種を掲載。写真は、生育状態や環境がわかる生態写真と、識別に役立つ各部のアップ写真数点で構成、総写真使用点数は約1,000点! 解説は、写…


トップに戻る