商品詳細

鷹狩りの書
ご注文はこちら
定価 3,024
ご注文数:
カートに入れる
※上記価格には、消費税が含まれております
鳥の本性と猛禽の馴らし

詳細内容

フリードリッヒ二世 著/吉越英之 訳 / 四六判 / 344ページ
ISBN 978-4-8299-7105-5  2016年8月8日発売
定価3,024円(本体2,800円+8%税)
13世紀半ばの神聖ローマ皇帝フリードリッヒ二世自らが著した原題「鳥による狩りの技術について」の訳書。鷹狩りに使うタカの習性、捕獲方法、飼育・狩猟技術のほか、狩猟対象となる他の鳥の習性なども驚くほど詳細に記述。

キリスト教の教義に支配されていた当時のヨーロッパでは希有な科学的視点に立った記述がなされており、「狩猟の教本」でありながら、記述には近代以降の鳥類学によって実証された知見も数多くみられる。

著者はローマ教皇と対立、破門にされた人物であり、長らく著書は禁書とされ封印、世に出ることはなかった。

内容確認

在庫復旧いたしました。
長らくお待たせし、大変申し訳ございませんでした。
一覧へ戻る
トップに戻る