商品一覧


新 日本の探鳥地 首都圏編
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県

BIRDER編集部 編  A5判  192ページ

ISBN 978-4-8299-7506-0  2017年10月6日発売

定価2,052円(本体1,900円+8%税)

関東1都6県(東京・埼玉・千葉・神奈川・栃木・群馬・茨城)の探鳥地91カ所を紹介したガイドブック。全ての探鳥地は日本野鳥の会各支部会員をはじめとする、その場所をホームグラウンドとするベテランバードウォ…


鳥のフィールドサイン観察ガイド

箕輪義隆 著  A5判  144ページ

ISBN 978-4-8299-7214-4  2016年11月12日発売

定価2,160円(本体2,000円+8%税)

地面に落ちている鳥の羽や足跡、使わなくなった巣など、鳥が残した生活の痕跡「フィールドサイン」を楽しむための日本初のガイド本。探すためのコツや採集/保存の方法だけでなく、フィールドサインから推理できる鳥…


在庫切れ

鷹狩りの書
鳥の本性と猛禽の馴らし

フリードリッヒ二世 著/吉越英之 訳  四六判  344ページ

ISBN 978-4-8299-7105-5  2016年8月8日発売

定価3,024円(本体2,800円+8%税)

13世紀半ばの神聖ローマ皇帝フリードリッヒ二世自らが著した原題「鳥による狩りの技術について」の訳書。鷹狩りに使うタカの習性、捕獲方法、飼育・狩猟技術のほか、狩猟対象となる他の鳥の習性なども驚くほど詳細…


猫の鳥談義

四代目 江戸家猫八/著  四六判  224ページ

ISBN 978-4-8299-7101-7  2014年6月2日発売

定価1,728円(本体1,600円+8%税)

動物ものまね芸でお馴染みの四代目江戸家猫八は本家本元の鳴き声を獲得するため世界各地へ旅に出る。野鳥観察を通して、現地の自然や文化、社会を見聞、鳥仲間との楽しい交流をユーモアたっぷりに綴ったバードウォッ…


身近な野鳥観察ガイド

戸塚学・箕輪義隆 著  A5判  160ページ

ISBN 978-4-8299-7200-7  2012年11月9日発売

定価2,160円(本体2,000円+8%税)

身近な場所で見られる野鳥のユニークな色や形、おもしろい生態を写真とイラストで紹介。色や形、鳴き声に加え、糞や足跡、古巣など、鳥のさまざまな行動がぎっしり詰まった一冊。鳥を探すコツやおすすめの観察道具、…


野鳥の記録 与那国島
2002年3月〜2007年1月の678日間の観察記録

宇山大樹 著  B5判  200ページ

ISBN 978-4-8299-1193-8  2011年2月8日発売

定価3,888円(本体3,600円+8%税)

日本最西端の島、沖縄県与那国島での678日間の野鳥観察記録データ集。いつ、どこで、どんな鳥が何羽観察できたか、種類ごとの詳細な記録がまとめられている。日本初記録の鳥など、貴重な鳥の観察情報も多数収録。…


在庫切れ

オオタカ観察記

氏原巨雄 著  A5判  160ページ

ISBN 978-4-8299-0158-8  2007年7月19日発売

定価2,808円(本体2,600円+8%税)

ある年の春、突然、オオタカが私のフィールドに巣を作った! つがいとの出会いから巣の発見、ヒナの誕生、そして繁殖の失敗…。翌年の子育て再挑戦から2羽のヒナの巣立ちまで、スケッチブックを片手…


【サイン本】季節とフィールドから鳥が見つかる【限定30冊】
1年で240種の鳥と出会う

中野泰敬 著  A5判  112ページ

ISBN 978-4-8299-7220-5L  

定価1,728円(本体1,600円+8%税)

中野泰敬さんのサインが入った限定サイン本です。 申し込み順に発送いたします。到着には1週間程度の日数が必要になる場合もございます。ご了承ください。


季節とフィールドから鳥が見つかる
1年で240種の鳥と出会う

中野泰敬 著  A5判  112ページ

ISBN 978-4-8299-7220-5  

定価1,728円(本体1,600円+8%税)

バードウォッチング・ツアーのガイド歴20年の著者が、240種類の野鳥の“見つけ方”を解説。野鳥が見やすい場所を季節ごとに取り上げ、種ごとに詳しく探し方のポイントを解説。


在庫切れ

フクロウ
その生態と行動の神秘を解き明かす

BIRDER編集部 編  A4判  80ページ

ISBN 978-4-8299-1011-5  

定価1,728円(本体1,600円+8%税)

“知恵の神様”、“福を呼ぶ鳥”として親しまれ、風貌も独特なバードウォッチャー憧れの鳥『フクロウ』。その魅力を十分に堪能できるネイチャーグラフィックの決定…


トップに戻る