商品一覧


BIRDER
2019年4月号 鳥の食生活 事典

BIRDER編集部 編  B5判  88ページ

ISBN 17545-201904  2019年3月15日発売

定価1,080円(本体1,000円+8%税)

鳥が何かを食べるとき,その入り口は口ではなく嘴。手(前肢)が翼となった鳥にとって嘴は手の代わりでもある。嘴は鳥の食性を映す鏡であり,食生活の観察では必須の観察ポイント。そして鳥の食生活を知ることは、観…


BIRDER
2019年3月号 雀と雲雀

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-201903  2019年2月16日発売

定価1,080円(本体1,000円+8%税)

スズメとヒバリは、どちらも日本の風景の中に溶け込むように存在する鳥だ。家の軒先、すぐ近くの立て看板や電線の上、校庭、田んぼや畑、河原や海辺など、人が暮らす場所の側には、いつも彼らの姿があり、鳴き声を聞…


BIRDER
2019年2月号 羽毛は語る

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-201902  2019年1月16日発売

定価1,080円(本体1,000円+8%税)

羽毛は現生動物の中では鳥類だけが有する、言わば「鳥であることの証」。飛べる鳥も飛べない鳥もその体表は羽毛で覆われている。これは少なくとも「飛ぶためだけに備わった機能」ではないといえる。ではなぜ鳥類だけ…


BIRDER
2019年1月号 キツツキ類 大百科/特別付録 BIRDER DIARY 2019付き

BIRDER編集部 編  B5判  88ページ

ISBN 17545-201901  2018年12月15日発売

定価1,188円(本体1,100円+8%税)

新年号は、増ページ&特別付録&巻末付録の3本立ての豪華セットでお届け!!
木に垂直に止まって勢いよく木を突き、長い舌で木に潜む虫を捕らえたり、巣穴を掘ったりするキツ…


BIRDER
2018年12月号 冬から始めるバードウォッチング

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-201812  2018年11月16日発売

定価1,080円(本体1,000円+8%税)

野鳥たちの姿が見やすくなる季節「冬」。枯れた草原や葉の落ちた林、森、山で、色とりどりの野鳥たちを探しましょう。12月号ではバードウォッチングの原点に戻って、近くの都市公園などで見られる野鳥たちの紹介、…


BIRDER
2018年11月号 森の妖精 カラ類

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-201811  2018年10月16日発売

定価1,080円(本体1,000円+8%税)

シジュウカラ、ヤマガラ、エナガ、シマエナガ……小鳥の中でも群を抜いてかわいい「カラ類」を特集。北海道はカラ類天国? ゴジュウカラはとっても賢い? シマエナガに似たエナガが千…


BIRDER
2018年10月号 ホークウォッチング(タカの渡り観察)入門

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-201810  2018年9月15日発売

定価1,080円(本体1,000円+8%税)

上昇気流に乗って空高く舞い上がった数百の群れが一気に滑空していく圧巻の「秋のタカ類の渡り」。今号ではタカの渡り観察の基礎知識、飛んでいるタカ類の飛翔姿の識別の基本から、BIRDER編集部オススメの最新…


BIRDER
2018年9月号 セキレイ類 大全

BIRDER編集部 編  B5判  88ページ

ISBN 17545-201809  2018年8月16日発売

定価1,080円(本体1,000円+8%税)

私たちの身近にいる白黒の小鳥、ハクセキレイから、国内ではなかなか見ることの出来ない希少種のセキレイまで、細かい亜種も含めて一挙紹介。巻末には憧れの飛ぶ宝石「カワセミ」のスペシャルコンテンツを収録した8…


BIRDER
2018年8月号 概説 空想鳥類学

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-201808  2018年7月14日発売

定価1,080円(本体1,000円+8%税)

鳳凰、朱雀、フェニックス……人類が古来より想像してきた伝説の鳥は、どのような過程から誕生したのか。実在する鳥でありながら、人々の信仰から「神」とされたのはなぜなのか。そして…


BIRDER
2018年7月号 バードウォッチャーのための魅せる道具学入門

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-201807  2018年6月15日発売

定価1,080円(本体1,000円+8%税)

バードウォッチングに欠かせない道具といえば、まずは双眼鏡、野鳥図鑑だろう。これさえあればほとんどのシーンで不自由なく鳥見を楽しめるが、これらに使い勝手の良い道具をプラスすることで、より充実したバードウ…


トップに戻る