商品一覧


BIRDER
2018年11月号 森の妖精 カラ類

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-201811  2018年10月16日発売

定価1,080円(本体1,000円+8%税)

シジュウカラ、ヤマガラ、エナガ、シマエナガ……小鳥の中でも群を抜いてかわいい「カラ類」を特集。北海道はカラ類天国? ゴジュウカラはとっても賢い? シマエナガに似たエナガが千…


原寸大写真図鑑 羽
増補改訂版

叶内拓哉・高田 勝 著  上製・函入り  368ページ

ISBN 978-4-8299-8844-2  2018年10月15日発売

定価21,600円(本体20,000円+8%税)

約14年ぶりの増補改訂版。日本で見られる281種の鳥の羽をすべて原寸大の写真で収録。旧版に載っていた種も羽の部位や枚数を大幅に増加して撮り直した。色調の正確性にもこだわって印刷し、羽の美しさ…


【ポストカード付き】プランクトンハンドブック
淡水編

中山 剛・山口晴代 著  新書判  144ページ

ISBN 978-4-8299-8154-2  2018年10月9日発売

定価1,944円(本体1,800円+8%税)

日本の一般的な池や湖で見られる、水の中で暮らす微生物「プランクトン」を見分けるためのハンディ図鑑。特徴を把握しやすいイラストと、見分けに役立つポイントがよく見える顕微鏡写真で約300属を紹介…


論文を書くための科学の手順 

山田俊弘 著  B6判  320ページ

ISBN 978-4-8299-6531-3  2018年10月9日発売

定価1,944円(本体1,800円+8%税)

理系大学生や科学を学び直したい人にむけた、科学の論理展開をゼロから理解できる内容。生物学と他分野の違い、科学と非科学の線引き、陥りがちな間違った論理展開を提示しながら、科学論文作成の基本とな…


鳴き声から調べる昆虫図鑑
おぼえておきたい75種(パソコン用CD付き)

高嶋清明 著  A5判  112ページ

ISBN 978-4-8299-8812-1  2018年9月15日発売

定価3,240円(本体3,000円+8%税)

スズムシやコオロギ、バッタ、セミなど、鳴く虫75種の声がわかる図鑑。付属CDには180以上の声を収録。鳴き声に特化した解説と、1種につき複数収録された声により、誰でも手軽に虫たちの声を覚える…


アリハンドブック 増補改訂版

寺山 守 解説/久保田 敏 写真  新書判  88ページ

ISBN 978-4-8299-8160-3  2018年9月15日発売

定価1,512円(本体1,400円+8%税)

公園や庭、林などの身近な環境で見られるアリ約80種を掲載。よく知られた昆虫の割に、その小ささからじっくり観察する機会の少ないアリを迫力ある生態写真と識別点のわかりやすい標本写真で解説。新訂版…


BIRDER
2018年10月号 ホークウォッチング(タカの渡り観察)入門

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-201810  2018年9月15日発売

定価1,080円(本体1,000円+8%税)

上昇気流に乗って空高く舞い上がった数百の群れが一気に滑空していく圧巻の「秋のタカ類の渡り」。今号ではタカの渡り観察の基礎知識、飛んでいるタカ類の飛翔姿の識別の基本から、BIRDER編集部オススメの最新…


BIRDER
2018年9月号 セキレイ類 大全

BIRDER編集部 編  B5判  88ページ

ISBN 17545-201809  2018年8月16日発売

定価1,080円(本体1,000円+8%税)

私たちの身近にいる白黒の小鳥、ハクセキレイから、国内ではなかなか見ることの出来ない希少種のセキレイまで、細かい亜種も含めて一挙紹介。巻末には憧れの飛ぶ宝石「カワセミ」のスペシャルコンテンツを…


日本産カエル大鑑

松井正文 解説・前田憲男 写真  A4判変型 函入り  272ページ

ISBN 978-4-8299-8843-5  2018年8月8日発売

定価29,160円(本体27,000円+8%税)

『日本カエル図鑑』約20年ぶりの大幅改訂。DNA解析による最新の分類に準拠し、記載も大幅に加筆。2000年以降に発表された新種や外来種も収録。成体だけでなく、卵・幼生・幼体の写真も全種掲載。…


BIRDER
2018年8月号 概説 空想鳥類学

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-201808  2018年7月14日発売

定価1,080円(本体1,000円+8%税)

鳳凰、朱雀、フェニックス……人類が古来より想像してきた伝説の鳥は、どのような過程から誕生したのか。実在する鳥でありながら、人々の信仰から「神」とされたのはなぜなのか。そして…


トップに戻る