商品一覧


BIRDER
2019年11月号 清く・正しく・美しい、野鳥写真の撮りかた

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-201911  2019年10月16日発売

定価1,100円(本体1,000円+10%税)

より素晴らしい野鳥写真を撮るためには、どのようなコツが必要なのか。野鳥写真の組み立てかた、ローポジション撮影のコツ、表情の狙いかた、公園での野鳥撮影、羽ばたきと行動の魅力、超望遠でブレ防ぐ方法など、野…


BIRDER
2019年10月号 ハイタカ属列伝

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-201910  2019年9月14日発売

定価1,100円(本体1,000円+10%税)

オオタカ、ハイタカ、ツミ、アカハラダカ—ハイタカ属の実像に迫る!
飛翔時のシルエットからハイタカ属を識別する方法や、都心での知られざるオオタカの暮らし、十勝平野に生きるハイタ…


BIRDER
2019年9月号 シギ・チドリ観察のキホン

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-201909  2019年8月16日発売

定価1,100円(本体1,000円+10%税)

干潟や砂浜などの泥や砂の上をちょこちょこと動きまわる愛らしい海辺の小鳥たち「シギ・チドリ」を特集。シギ・チドリとはどんな鳥たちなのか、識別のポイントは? 彼らの不思議な渡りとは? さらに、有…


BIRDER
2019年8月号 絶滅鳥類事典

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-201908  2019年7月16日発売

定価1,100円(本体1,000円+10%税)

恐鳥ディアトリマからドードーまで、今は亡き「恐竜滅亡後の鳥類」を特集! 人類の登場以前に絶滅した鳥類、有史時代に人類の手によって絶滅に追いやられた鳥類を解説。完全に絶滅したと考えられている日本産鳥類…


BIRDER
2019年7月号 絶滅の危機に立たされた鳥たち/巻末付録 イラスト入り「まいにち野鳥」カレンダー 2019 下半期(7〜12月)付き

BIRDER編集部 編  B5判  88ページ

ISBN 17545-201907  2019年6月14日発売

定価1,100円(本体1,000円+10%税)

わずかな期間で急激に数を減らした鳥、今まではごく普通に見られていた鳥がレッドリストに掲載されている現実、それとは逆に、固体数が回復傾向にある鳥など、絶滅の危機にある鳥たちを特集。日本の絶滅危…


BIRDER
2019年6月号 メジロとメグロ

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-201906  2019年5月16日発売

定価1,100円(本体1,000円+10%税)

メジロとメグロ。ぱっと見でその違いがわかるのは眼の周り。それ以外の部分も似ているのだろうか? 6月号では日本には6亜種が生息するメジロと、稀な旅鳥のチョウセンメジロ、そして日本固有種のメグロを解説。出…


BIRDER
2019年5月号 夏の青い鳥 大集合!!

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-201904  2019年4月16日発売

定価1,100円(本体1,000円+10%税)

オオルリ、コルリ、ルリビタキから、イソヒヨドリ、ルリカケス、ブッポウソウまで。日本で見られる「夏の青い鳥」を特集。彼らとの出会いかたから青い羽の秘密、青い色をきれいに撮すためのコツなどを紹介…


BIRDER
2019年4月号 鳥の食生活 事典

BIRDER編集部 編  B5判  88ページ

ISBN 17545-201904  2019年3月15日発売

定価1,100円(本体1,000円+10%税)

鳥が何かを食べるとき,その入り口は口ではなく嘴。手(前肢)が翼となった鳥にとって嘴は手の代わりでもある。嘴は鳥の食性を映す鏡であり,食生活の観察では必須の観察ポイント。そして鳥の食生活を知ることは、観…


BIRDER
2019年3月号 雀と雲雀

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-201903  2019年2月16日発売

定価1,100円(本体1,000円+10%税)

スズメとヒバリは、どちらも日本の風景の中に溶け込むように存在する鳥だ。家の軒先、すぐ近くの立て看板や電線の上、校庭、田んぼや畑、河原や海辺など、人が暮らす場所の側には、いつも彼らの姿があり、鳴き声を聞…


BIRDER
2019年2月号 羽毛は語る

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-201902  2019年1月16日発売

定価1,100円(本体1,000円+10%税)

羽毛は現生動物の中では鳥類だけが有する、言わば「鳥であることの証」。飛べる鳥も飛べない鳥もその体表は羽毛で覆われている。これは少なくとも「飛ぶためだけに備わった機能」ではないといえる。ではなぜ鳥類だけ…


トップに戻る