商品詳細

生物のつながりを見つめよう
ご注文はこちら
定価 1,944
ご注文数:
カートに入れる
※上記価格には、消費税が含まれております
エコロジー講座5
地球の豊かさを考える生態学

詳細内容

日本生態学会 編/責任編集 陀安一郎 / B5判 / 72ページ
ISBN 978-4-8299-7300-4  2012年3月26日発売
定価1,944円(本体1,800円+8%税)
頭をふくらませて変身するオタマジャクシ。季節を彩る「花暦」。琵琶湖のまわりで伝統的につくられてきたさまざまな魚料理。人間の生存を支える「生態系サービス」……。一見関係のなさそうなこれらの共通点は、生きものどうしのかかわりあいによってもたらされるということ。最近わかってきた事例を元に、やさしく解説。
「生態学」という研究分野を紹介するエコロジー講座シリーズ第5弾は、変身するオタマジャクシや人工授粉を行う小さなガなど、生物のつながりがテーマです。

目次
  • 「変身」するオタマジャクシ  岸田 治
  • 花暦の微妙が織りなす生きものの世界  工藤 岳
  • 植物と昆虫の共生の歴史を解き明かす  川北 篤
  • 琵琶湖がつなぐ人の暮らしと生きものたち  奥田 昇
  • 「生態系サービス」真の価値を考える  椿 宜高
  • コラム:「進化」と「変身」  岸田 治
  • 参考になる本・引用文献
  • 日本生態学会とは?

ご一緒にどうぞ
    

内容確認

一覧へ戻る
トップに戻る