商品一覧


BIRDER
2022年7月号 訪れるべき探鳥地100

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-202207  2022年6月16日発売

定価1,100円(本体1,000円+10%税)

日本全国の数ある探鳥地の中から、鳥を探しやすく、かつ鳥の出現情報なども得やすい、ファミリーや初心者でも十分楽しめる場所を基準に、アクセスのよさや観察適期の長さなども加味して厳選した『100か所』を掲載…


BIRDER
2022年6月号 鳥見名品ガイド

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-202206  2022年5月16日発売

定価1,100円(本体1,000円+10%税)

バードウォッチングの基本の道具から、車中泊や失敗しない野鳥撮影のアドバイスまで盛りだくさん!

デジタル版


BIRDER
2022年5月号 春の渡りの愉しみかた

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-202205  2022年4月15日発売

定価1,100円(本体1,000円+10%税)

春の渡りの疑問や観察ポイント、ARアプリを使って40あまりの声が聞ける春の渡り鳥図鑑のほか、春の渡りのホットスポット「日本海の離島特選ガイド」も収録。渡り鳥のことを知り、楽しく渡り観察を…


BIRDER
2022年4月号 カワセミ類 完全攻略

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-202204  2022年3月16日発売

定価1,100円(本体1,000円+10%税)

太陽の光にキラキラとコバルトブルーに輝くカワセミは、まさに「空飛ぶ宝石」そのもの。今号では、バードウォッチャーのみならず、多くの人に人気の野鳥・カワセミをメインに、アカショウビン、ヤマショウビンを含め…


BIRDER
2022年3月号 シジュウカラ、メジロ、コゲラ

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-202203  2022年2月16日発売

定価1,100円(本体1,000円+10%税)

街にもすんでいる私たちに身近な小鳥、シジュウカラ、メジロ、コゲラの特集号。各種の舌と嘴のちがい、足の特徴や翼の解説のほか、生息環境も紹介。もともとは森の鳥だった彼らが、いつごろから都市進出を始めたのか…


BIRDER
2022年2月号 まるごとエナガ

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-202202  2022年1月15日発売

定価1,100円(本体1,000円+10%税)

人気が高まりつつある小鳥「エナガ」に注目し、その生態、出会いかた案内のほか、シマエナガのグラビア、グッズ、キャラレシピまで、エナガ・シマエナガを満載。


BIRDER
2022年1月号 この冬、見たい鳥総選挙/特別付録 鳥見手帖2022

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-202202  2021年12月16日発売

定価1,210円(本体1,100円+10%税)

今秋に募集した「この冬に見たい鳥総選挙」読者投票。結果発表をいよいよ発表!
バードウォッチング専門誌「BIRDER」の読者が選ぶ、この冬に見たい野鳥とは? 回答欄に記された300種余りの…


在庫切れ

BIRDER
2021年12月号 “映える”野鳥写真を撮りたい!

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-202112  2021年11月16日発売

定価1,100円(本体1,000円+10%税)

2021年、最新の野鳥撮影技術や撮影機材について詳しく紹介!
ピンボケ、白飛び、道具が使いこなせない…撮影初心者向けの問題解決から被写体の決め方、記録・保存メディア、レンズ…


BIRDER
2021年11月号 お散歩バードウォッチングのススメ

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-202111  2021年10月15日発売

定価1,100円(本体1,000円+10%税)

今号は『しあわせ鳥見んぐ』(芳文社/まんがタイムきらら)とのコラボ号! わらびもちきなこ先生描き下ろしのイラスト表紙、『しあわせ鳥見んぐ』作品インタビュー、先生のオススメ鳥見散歩コース紹介など盛りだ…


BIRDER
2021年10月号 鳥の分類学 基礎講座

BIRDER編集部 編  B5判  80ページ

ISBN 17545-202110  2021年9月16日発売

定価1,100円(本体1,000円+10%税)

かつて「外見が似ている」という理由で分類されてきた種は今や、近年の発達したゲノム解析でその進化過程から分類されるようになった。今号では、鳥類の最新の分類学や、2022年に刊行される日本鳥類目録 第8版…


トップに戻る