商品詳細

新 日本の昆虫1900 (1)
ポケット図鑑
チョウ・バッタ・セミ

詳細内容

槐 真史 編著 / 伊丹市昆虫館 監修 / A6判 / 320ページ
ISBN 978-4-8299-8312-6  
定価1,760円(本体1,600円+10%税)

2024年7月2日発売

「昆虫図鑑の新しいスタンダード」から、子どもから大人まで楽しめる「最強・最良の標準図鑑」へ

野外で“本当に出会える”昆虫、約1900種を掲載(1-2巻合計)。定評の白バック写真をより自然な姿勢のものに変更し、解説文の増強や部分図の追加などで識別をより意識した構成にパワーアップ。二次元コードを読み取って約100本の動画や音声も楽しめます。

Amazon楽天ブックスヨドバシhonto

ご一緒にどうぞ

内容確認

本書の特長
  • 2013年に初版を刊行した「日本の昆虫1400」の新訂版。
  • 掲載種を見直して出会える昆虫をより増やすため、 1ページ1種の構成ページを廃止し、コラムも整理して判型やページ数は変えず、掲載種を400種以上増やしました。
  • ページデザインも旧版から一新、本文には「ユニバーサルデザインフォント(UDフォント)」を使用して、読みやすく改良を行いました。
  • 本の主役でもあり、旧版の刊行以降、多くの昆虫本に広まった「白バック写真」はその半分以上を新しいものに刷新しています。写真の画質が向上しただけでなく、トンボなどは野外で見る姿勢で撮影したものに差し替えたり、5mmより小さな昆虫は実寸大の写真を挿入するなど、目の前にいる昆虫がそのまま図鑑の中にいるような感覚を味わうことができます。
  • 解説文もほぼすべて刷新され、形態や生態の情報がさらに充実しました。難しい昆虫の部位の名称も、白バック写真中に丸数字で該当部分を示すなど、解説と図版をより連動させることで識別をやりやすく改良しました。
  • 識別の難しい種や類似種のいる種の場合は、全身の白バック写真だけでなく、部分図や線画を用いて識別ポイントを詳細に解説しています。特に線画を併用した識別解説は専門的な大型図鑑では使われる手法ですが、小型図鑑ではほぼ例がなく、本書のストロングポイントの1つになります。
  • 掲載種は本州~九州の種が中心ですが、北海道や沖縄で使うことも想定して、各エリアで出現頻度の高い大型種を載せて、それがわかるように「南西諸島(北海道)で注目」というアイコンを入れています。本土と南西諸島、北海道の違いに気づくような解説も入れており、全国で使える図鑑に進化しています。
  • 旧版では専用機器などを使ってセミやコオロギなどの音声を聞けるようにしていましたが、新訂版ではYouTube(と二次元コード)を用いてより簡単に音声を楽しめます。また音声だけでなく、チョウの吸水やトンボのなわばり争い、樹液を巡るカブトムシの争いなど、動画コンテンツも用意しており、昆虫の多様な生活を垣間見ることができます。新訂版では動画と音声を合わせて100本近くを提供します。
  • 白バック写真をただカタログ的に並べる図鑑ではなく、掲載種の選定から写真や図版、解説のすべてを通して、観察や識別に使える実用性重視の図鑑として構成しています。

一覧へ戻る
トップに戻る