商品詳細

熊野古道花しるべ
ご注文はこちら
定価 3,300
ご注文数:
カートに入れる
※上記価格には、消費税が含まれております
和玉好視 写真集

詳細内容

和玉好視 著 / A5判 / 160ページ
ISBN 978-4-8299-7925-9  2023年8月19日発売
定価3,300円(本体3,000円+10%税)

ふるさとの花を撮り続ける著者の最新作品集。熊野古道と周辺の山で見られる花々の姿をとらえた写真約130点に、撮影の楽しみや花々への想い、古来から伝わる薬草と暮らしの記憶、そして変貌していく自然への懸念をささやくように添えた。穏やかな時を感じる滋味深い写真集。

内容確認

・ヒナノシャクジョウ……米粒が落ちている? ちいさなちいさな腐生植物。
・バイカオウレン……根が小さくて薬草としては売れなかったけれど、花の美しさが補って余りある
・ジロボウエンゴサク……本格的な春の訪れを告げる花
・ミズタビラコ……渓流沿いにみられる著者お気に入りの一つ
・カノコユリ……盗掘にされるのか、野山で見られなくなりつつある
・ツルリンドウ……赤い実が印象的
・ヤマジノホトトギス……撮った数は一番多いという、著者の好きな花
・クルマギク……紀伊半島南部だけで見られる植物
・ホソバノヤマハハコ……卒寿を超えてから撮った花
・カリガネソウ……魅力的な花。香りは残念
など
一覧へ戻る
トップに戻る