商品詳細

昆虫と食草ハンドブック

詳細内容

森上信夫・林 将之 著 / 新書判 / 152ページ
ISBN 978-4-8299-8181-8  
定価2,420円(本体2,200円+10%税)

2024年5月31日発売

昆虫とその昆虫が食べる植物を調べることができる画期的な図鑑!

虫を探すときに有力な手がかりとなるのが、その虫が食べる植物、すなわち食草です。あこがれのチョウ、オオムラサキの幼虫を探したいと思ったら食草のエノキを、また、成虫に会いたいと思ったら、樹液が出るクヌギなどを調べて探すことになるでしょう。逆に、植物の名前を知りたいとき、その植物を食べている虫がいたら、虫がヒントになって植物の名前がわかることもあります。

本書は、そんな昆虫と植物のつながりに注目し、昆虫と食草の両方を同時に紹介した、ほかに類を見ない図鑑です。お目当ての昆虫や食草を探しに行くときはもちろん、フィールドでたまたま出会った昆虫や植物の名前を調べるのにも役立ちます。

水濡れにも安心のビニールカバー付き。

Amazon楽天ブックスヨドバシhonto

昆虫写真家と植物図鑑作家が語る 昆虫と食草の深ーいい関係

内容確認

昆虫は知っているけれど、植物の名前がわからない。植物はわかるけれど、昆虫はよく知らない。そんな二人の著者が、2007年に制作し好評を得た図鑑が、本書の母体となった『昆虫の食草・食樹ハンドブック』(昆虫82種・植物68種掲載・80ページ)。それから17年を経て、情報量を大幅アップしてお届けするのが本書です。

「より多くの種類を知りたい!」という読者(と著者自身)の要望に応え、昆虫は3倍近い223種、植物は2倍以上の155種を掲載、総ページ数もほぼ倍の152ページと、大きく進化しました。さらに、巻頭には主な昆虫と食草を並べた「主な掲載種一覧」を設け、また「エノキに集まる虫」や「クヌギに集まる虫」など、植物に集まる虫を一堂に集めた特集ページを「植物から虫を探す」という新たな視点で加えました。

従来から掲載していた昆虫や植物も、写真や解説を数多く追加・更新しています。
一覧へ戻る
トップに戻る