商品詳細

BIRDER
ご注文はこちら
定価 1,080
ご注文数:
カートに入れる
※上記価格には、消費税が含まれております
2016年7月号 スズメ・ムクドリ・ヒヨドリ

詳細内容

BIRDER編集部 編 / B5判 / 80ページ
ISBN 17545-201607  2016年6月16日発売
定価1,080円(本体1,000円+8%税)
多くのバーダーにとっていちばん身近な野鳥、スズメ・ムクドリ・ヒヨドリ。身近すぎるゆえに観察していない人も多いのではないだろうか? 今号の特集では、じっくりと観察すれば驚きと感動が待っているスズメ・ムクドリ・ヒヨドリを特集! 身近にいる彼らをより詳しく紹介します。

内容確認

FEATURE ARTICLES
いちばん身近な鳥たちの、いちばん知りたいことを集めました!
特集 スズメ・ムクドリ・ヒヨドリ
  • 読者が撮ったスズメ・ムクドリ・ヒヨドリの決定的瞬間!
  • 日本人にとって最も身近な、愛される小鳥[スズメ・モノグラフ]
    文●先崎啓究 写真●梅垣佑介、川崎康弘、先崎啓究、先崎理之、高木慎介、BIRDER
  • 知っているようで知らないスズメの生活を見直す  文・写真●唐沢孝一
  • 個体数減少の原因はここにあった!?[スズメの卵の異様に低い孵化率]  文・写真●加藤貴大
  • 平安貴族を虜にした「スズメの子飼い」[スズメは元祖コンパニオンバードだった!?]
    文●細川博昭
  • 普通種から珍鳥まで、意外に多彩な顔ぶれ ムクドリ・モノグラフ
    文●高木慎介 写真●高木慎介、所崎 聡、原 星一、松村伸夫
  • なぞ多きムクドリの生活史 「嫌われものムクドリ」の本当の姿  文・写真●越川重治
  • シリアカヒヨドリとホシムクドリ〜沙翁の嘆きと外来鳥  文●川上和人
  • 最新「極軽」追跡ツールでわかった[コムクドリの渡りと越冬地]  文・写真●小池重人
  • “騒々しい”だけじゃない、実はアジアを代表する鳥の1つ[ヒヨドリ・モノグラフ]
    文●先崎啓究、高木慎介 写真●先崎愛子、先崎啓究、先崎理之、高木慎介、所崎 聡、原 星一
  • 定点カメラがとらえたヒヨドリの子育ての様子  文・写真・動画●原 星一
  • ヒヨドリはいずれ3種になる日が来るのか?[ヒヨドリの隠蔽種問題と、小笠原諸島のヒヨドリの起源]  文●杉田典正
  • ヒヨドリたちの渡り〜いったいどこまで渡るのか?  文●梅垣佑介
  • ベランダにヒヨドリの“トイレ”を置いてみたら……  文・写真●柴田佳秀
  • リアルさとかわいらしさが魅力[羊毛フェルトで実物大スズメを作ろう]  文・制作・写真●つぐみ
  • 読者が撮ったスズメ・ムクドリ・ヒヨドリの決定的瞬間! 選者のコメント
    寸評●植田睦之、志賀 眞、中村忠昌、BIRDER

BIRDER NEWS
  • BIRDER特製! 2016年下半期卓上型カレンダー  撮影●菅原貴徳
  • 「ふくしまキッズプロジェクト in こだいら 井の頭公園編」レポート
    報告●髙野 丈 協力●㈱いきもん、興和光学㈱、三鷹の森ジブリ美術館
  • あなたの双眼鏡は大丈夫?[ケンコー・トキナークリニックで双眼鏡の「健康診断」をしよう]
    文・写真●BIRDER

ENJOY BIRDING
  • 鳥好き人の地球の渡り方[ホシムクドリのねぐら入り] 文・写真●菅原貴徳
  • Young Gunsの野鳥ラボ[大形シロハラミズナギドリ類の識別と生態] 構成●Young Guns
  • 私のケッサク!“鳥”写真[第26回募集 入賞作品] 写真●読者の皆さん 選評●叶内拓哉
  • 鳥の形態学ノート[ジュウイチ 胃の内容物] 文・イラスト●川口 敏
  • ぶらり・鳥見 散歩道[標高2,000mの別天地(長野県王滝村・田の原天然公園)] 文・写真●♪鳥くん 協力●原 星一
  • Bird Tracking[アカゲラ] イラスト●赤勘兵衛
  • Field Report[城ヶ島で海鳥観察] イラスト●水谷高英
  • ヒヨ吉が行く! リターンズ〜「47都道府県の鳥」訪問記〜[オオルリ(栃木県)] 文・写真・イラスト●ヒヨ吉
  • 野鳥圖譜[ミソサザイ] 画・文●佐野裕彦
  • Dr. アカヒゲの島旅日誌〜さすらい編[大きすぎる島] 文・写真・イラスト●関 伸一
  • 鳥博士の研究レポート[カイツブリの水中頸振り] 構成●Liferbird 報告●郡司芽久
  • 学生鳥見サークルに行こう![早稲田大学 生物同好会/野鳥研究会]
  • Tingの英吉利流バードウォッチング見てある記[身近な自然を楽しむ権利] 文・写真●東郷なりさ

  • 今月のプレゼント
  • BIRDER's BOX
  • BOOK REVIEW
一覧へ戻る
トップに戻る