商品詳細

BIRDER
ご注文はこちら
定価 1,080
ご注文数:
カートに入れる
※上記価格には、消費税が含まれております
2017年4月号 鳥の鳴き声 大図鑑

詳細内容

BIRDER編集部 編 / B5判 / 80ページ
ISBN 17545-201704  2017年3月16日発売
定価1,080円(本体1,000円+8%税)
鳥を目視だけで探しているという人は意外と多い。種類によってはそれもありだが、森の中など、視力頼みで姿を見つけ出すのが難しいシーンでは、いくら視力に自信があっても、あるいはよく見える双眼鏡を持っていてもお手上げだろう。ベテランのバードウォッチャーがなぜサクサクと鳥を見つけられるのか? それは目ではなく、「耳で探している」からなのだ。 鳥の鳴き声を覚えておけば、鳥見の悩みは全部解決する!

野鳥の音声は文一AR(アプリ)で聞くことができます。
文一AR(Android)
文一AR(iOS)
また、音声の一部はBIRDER.jpで公開しています。

まずは試してみよう!「文一AR」
  1. スマートフォンまたはタブレットで「文一AR」アプリ(無料)をダウンロードします。
  2. 内容確認の[1]をクリックし、画像を表示させます。
  3. 文一ARを起動し、今月の動画をタップ(カメラが起動します)
  4. カメラを[1]の画像にある野鳥写真へかざします
  5. 野鳥の音声が再生されます

内容確認

FEATURE ARTICLES
鳥が見つからない原因の80%は、鳴き声を知らないからだ!
特集 鳥の鳴き声 大図鑑
・鳥の鳴き声を覚えておけば、鳥見の悩みは全部解決する![野鳥観察に鳴き声が重要な理由] 文・写真●松田道生
・さえずりの季節到来! 鳥は声で探せ!![まずは覚えておきたい25種の声] 文・音声●松田道生 写真●叶内拓哉、♪鳥くん、松田道生
・読者が作る、新しい「鳥の聞きなし」発表  構成●BIRDER
・音を「見える化」するソナグラムの活用  文・写真●梅垣佑介
・さえずり、地鳴きだけじゃない[鳥の出す“音”をとらえよう]  文●田仲謙介 写真●石田光史
・鳥類言語学入門[シジュウカラの単語と文法] 文・写真・イラスト●鈴木俊貴
・ウグイスとウズラが大人気![庶民の鳥もエントリーできた、江戸の「鳥の鳴き合わせ」] 文●細川博昭
・気になっていたのは自分だけではなかった?![鳥の声にまつわる素朴な疑問と雑学] 文●氏原巨雄、柴田佳秀
・[ホオジロのさえずりは「一筆啓上つかまつりそうろう」か?]〜坂本龍馬も登場する鳥の聞きなし談義〜  文・写真●平岡 考

BIRDER NEWS
・[手持ち軽々600mm!野鳥の一瞬をシャープに切り取る]OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 文・写真●菅原貴徳
・A3の作品づくりも、インクコストを気にせず楽しめるColorio V-editionー低インクコストと高画質を両立したプリンターで渾身の一枚を残そう  文・写真●中村利和
・図書館と探鳥会の新しいコラボレーション[四谷図書館「はじめようバードウォッチング!」] 取材●BIRDER 主催●新宿区立四谷図書館 協力●興和光学株式会社
・ねむろバードランドフェスティバル2017レポート  文●谷口りつこ 写真提供●根室市観光協会
・多摩川 月例+Young探鳥会 with BIRDER開催告知

ENJOY BIRDING
・鳥好き人の地球の渡り方[明るい夜の旅] 文・写真●菅原貴徳
・BIRDER Graphics[春が来た!〜サクラに集まる鳥たち〜] 文・写真●永井凱巳
・新連載 NerdBirds ―鳥見学への誘い―[カモ観察に驚きと発見を求めて] 構成●NerdBirds
・新連載 English for Birding[一石二鳥〜鳥を見ながら英語も] 文・イラスト●東郷なりさ
・私のケッサク!“鳥”写真 第29回募集 入賞作品  写真●読者の皆さん 選評●叶内拓哉
・鳥の形態学ノート[ウズラ 幼形] 文・イラスト●川口 敏
・ぶらり・鳥見 散歩道[名古屋の干潟で夏羽のシギ・チドリ類ウォッチング(愛知県名古屋市・庄内川河口干潟)] 文・写真●♪鳥くん 協力●名古屋市野鳥観察館、梅村幸稔
・Bird Tracking[ツバメ(黒化個体?)] イラスト●赤勘兵衛
・Field Report[シマアジの換羽を観る。] イラスト●水谷高英
・ヒヨ吉が行く!リターンズ〜「47都道府県の鳥」訪問記〜[モズ(大阪府)] 文・写真・イラスト●ヒヨ吉
・野鳥圖譜[アマサギ] 画・文●佐野裕彦
・Dr. アカヒゲの島旅日誌〜さすらい編[近くて遠い島] 文・写真・イラスト●関 伸一
・新連載 鳥と日本人[縄文時代人にとっての鳥] 文●細川博昭
・鳥博士の研究レポート[雄ばかりの島 〜渡り鳥の性比の謎〜] 構成●Liferbird 報告●岡久雄二 ・今月のプレゼント
・BIRDER's BOX
・BOOK REVIEW
一覧へ戻る
トップに戻る