商品詳細

BIRDER
ご注文はこちら
定価 1,100
ご注文数:
カートに入れる
※上記価格には、消費税が含まれております
2020年5月号 日本三鳴鳥

詳細内容

BIRDER編集部 編 / B5判 / 80ページ
ISBN 17545-202005  2020年4月16日発売
定価1,100円(本体1,000円+10%税)
よくさえずり、よい声で鳴く鳥を「鳴禽」と呼ぶ。この鳴禽の中でもとりわけ鳴き声が美しいとされるのが『日本三鳴鳥』と呼ばれる「ウグイス」「コマドリ」「オオルリ」だ。今号ではこの日本三鳴鳥に焦点を当て、彼らの特長やその暮らしなどを紹介。さらに専用のARアプリを使えば、日本三鳴鳥の鳴き声のほか、40あまりの野鳥の音声が楽しめます。

内容確認

※BIRDER創刊400号! 豪華プレゼント企画は、デジタル版は応募不可となります。ご了承ください※

ウグイス、コマドリ、オオルリ
特集 日本三鳴鳥
・日本三鳴鳥オーディション  漫画●一日一種
・ウグイス、コマドリ、オオルリ 日本三鳴鳥の「暮らし」を探る
 - ウグイス  文・写真・図●濱尾章二
 - コマドリ  文・写真●石塚 徹
 - オオルリ 文・写真●徐 敬善
・日本三鳴鳥の“謎”を考える  文・写真●大橋弘一
・すべてのウグイスが「ホーホケキョ」と鳴くとは限らない!  文・図・音声●松田道生
・島にいてもコマドリはコマドリ  文・写真●関 伸一
・伊豆大島はオオルリ天国?!  文●佐藤 望
・松田道生が選ぶ〈部門別〉新 日本三鳴鳥
  文・音声●松田道生 写真●石田光史、片柳充史、叶内拓哉、♪鳥くん、渡辺美郎
・オオルリ 歌う母のヒミツ  文・写真●石塚 徹
・BIRDER DIARYで作る、ウグイスの初鳴き前線  文・写真●BIRDER

その他
・日本初記録 石垣島に現れたチベットウタツグミ  文・写真●小林雅裕
・アジサシの楽園、馬祖島 ヒガシシナアジサシのコロニーを訪ねて  文・写真●戸塚 学
・おかげさまでBIRDER創刊400号! 豪華プレゼント企画 開始
・四谷図書館「はじめよう! バードウォッチング」
  文●落合 智 主催●新宿区立四谷図書館  協力●興和光学株式会社

連載
・雀と一休み #05[スズメ御殿は初夏の香りに包まれた癒やしの空間] 文・写真●うえだこうじ
・BIRDER Graphics[小鳥のさまざまなディスプレイ] 文・写真●吉野俊幸
・English for Birding #38[雄と雌] 文・イラスト●東郷なりさ
・Young Gunsの野鳥ラボ SeasonII #62[ハシグロクロハラアジサシの亜種の識別] 構成●Young Guns 文・写真●梅垣佑介
・私のケッサク!“鳥”写真 第41回入賞作品  写真●読者の皆さん 選評●叶内拓哉
・鳥の形態学ノート #122[キツツキ ダ・ヴィンチの宿題] 文・イラスト●川口 敏
・Field Report #113[冬から春へ] イラスト●水谷高英
・鳥の“都会暮らしはじめました” #26[都心暮らしやめました—トビ] 文●柴田佳秀 イラスト●安斉 俊
・ぶらり・鳥見 散歩道[3泊4日で奄美大島の野鳥を満喫する(鹿児島県奄美大島・奄美自然観察の森ほか)] 文・写真●♪鳥くん
・BIRD CHALLENGE by Jizz #11[森林にいる白黒の鳥] 文・写真・イラスト●神戸宇孝
・鳥たちの素敵な名前の物語 #05[アマサギ] 文・写真●大橋弘一
・鳥業界、旬なヒト対談〜タナカが今、話したい人〜 #14[内田 博さん(比企野生生物研究所)] 構成●田仲謙介
・鳥博士の研究レポート #74[“東京都”で増えた鳥、減った鳥] 構成●Liferbird 報告●佐藤 望(NPO法人バードリサーチ)

・今月のプレゼント
・BIRDER's BOX
・BOOK REVIEW
一覧へ戻る
トップに戻る